新司法試験のサンプル問題が発表になったということを、法令データ検索日誌さんのはてなダイアリーを見て知りました、というお話。

で、とりあえず公法系だけちらっと見てみたんだけど、すごいね、範囲が。
普通に住民訴訟とか、国賠法とか、行政処分の義務付け訴訟とかがでてんの。
暗記重視のつめこみ学習からの脱却は大丈夫なんでしょうか。


もう既に僕の中では思い出になってしまっている(旧)司法試験や、この前受けてきたビジネス実務法務検定1級の受験を通じて得た感覚からすると、まずは

判例付き六法と各自が使っている教科書、資料(判例集を含む)を持ち込み可にする(択一も)

って対策を採ったらいいんじゃないかと思うんだけど、いかがでしょうか。


資料見ながらであっても、妥当な結論を指定された時間内に導き出せれば問題ないと思うんだけどなぁ・・・
どうせ、仕事で使わない知識なんて、10年くらい経ったら3月のゆきだるまみたいにおぼろげな外観しか残らないんだろうしさ。

それに、なにより、いずれ試験問題を解かなきゃならない学生が、今よりずっと法律の勉強を楽めると思ったりしたのでしたとさ。

(暗記なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ)