2004年03月

つい最近GV-MVP/RXの第一印象を書いておいて、なんじゃそりゃって思われる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・
実は、ボードに微妙な初期不良があったため、交換に行った際に、別商品への交換も認めていただいたので、差額を支払って(あらゆる意味で)話題のMTVX2004と交換してきました。

で、二日ほどいじってみた感想(ほとんどGV-MVP/RXとの比較になります)
    いい点
  1. ダイレクトオーバーレイに対応しているので、カリカリ言わない(GV-MVP/RX以外はほとんど対応しているみたいだけど、一応)
  2. 付属のソフトウェアの起動が早い
  3. プログレッシブ表示をONにすると、見やすい画質になった。(大きくすると汚く見えるのは同じ)
  4. インターフェースがわかりやすい。
  5. 録画後の挙動を予約ごとに設定できる

    んで、気に入らない点
  1. 微妙に高い。
  2. 環境によっては使い物にならないという報告がたくさんあがっていて、ちゃんと使えるようになるまですごく不安
  3. 予約録画にWindowsのログインパスワードの設定が必須(PCの起動ごとに必要もないパスワードの入力を求められることになったよ・・ママン)
  4. 取り付けにマザーボードの知識が必要(マザーボードの説明書がないと、どこに音声の内部接続ケーブルをつなげばいいのか迷う反面、簡単な外部接続には、別途両端ステレオピンジャックのケーブルを買う必要がある)


こんなところです。
前回のGV-MVP/RXのレビューと対応関係が取れていませんが、それは、てきとーに書いているからです。
参考にならなかったらごめんなさい。
______________________
思ったより、このエントリーを見ていただいているようなので、適当に書いたのがなんだかちょっと申し訳なくなってきました。
購入を検討している方でご質問がありましたら、コメント欄を使ってご質問いただければ、わかる範囲でお答えします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

九十九電気の感じのいい店員さんに勧められるまま、TVチューナーカードのGV-MVP/RXを買ってみた。

で、二日ほどいじってみた感想。
    いい点
  1. 安い(HG2/RやMTVX2004に比べると2000円くらい安い
  2. 取り付け簡単(ボードを挿してアンテナ線をつなぐだけ。付属アプリのインストールも簡単。一度もカバー空けたこと無い人でも余裕で取り付けられると思う。)
  3. 休止状態からの録画と録画後の休止がちゃんとできる(HG2/R以外は大抵できるか。)
  4. 画質は悪くない。
    ただ、PC上でテレビを見る以上、やっぱり大きくすると汚くなってしまうのは避けられない。
  5. インターフェースが解りやすい。

    んで、気に入らない点
  1. 画面サイズが三つしかない。
    (しかも、小は小さすぎ、大は全画面)
  2. ダイレクトオーバーレイは正式対応していない。
    (評価版ダイレクトオーバーレイを有効にすると、家の場合、チャンネル変更の際に固まるようになってしまった。まぁ、PCでテレビを見ることなんてほとんど無いからいいけど。)
  3. 録画終了時の挙動を予約ごとに設定できない。
    (HWエンコードなので、裏で録画させつつ作業していると、いつの間にか録画が終わり、休止に移行したのには参った。)
  4. ケーブルテレビを見ると、左右にノイズが出る。
    (ケーブルテレビの信号の仕様だが、解っているならカットする手段も用意して欲しかった。)
  5. 録画したファイル名が数字の羅列なので、扱いづらい。
    (エクスポートしたり、GV-MVP用のツールを使えばいいんだけど、やっぱり解りづらい)
  6. ドライバ・mAgicTVのアップデートファイルに、インストール方法の説明が見当たらない。
    (あったらごめんなさい)

いろいろ書きましたが、録画目的であれば、ほぼ満足いく出来だと思います。安いし。
お試しあれ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

おとといの日曜日にPCを買い換えたので、またLAW launcherの次バージョンの開発がちょっと遅れます。

ごめんなさい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

今日、出勤途中で戦隊モノのポスターを見かけたんだけど・・・
「特捜戦隊 デカレンジャー」ってさぁ。
もう、なんでもいいのかねぇ。
まぁ、なんでもいいんだろうねぇ。

というわけで、おいらも考えてみたよ、新戦隊。
その名も
海鮮戦隊うみレンジャー
    早速、隊員を紹介しよう
  1. まずは、いかレンジャー(白)
    月光仮面以来の白色ヒーロー。
    一本筋の通った軟骨を、背骨と言い張る頑固者。
    特技は、スミを吐いて、敵の目を眩ます、必殺スミフラッシュ
    強いぜ、イカレンジャー。白いぜ、イカレンジャー。

  2. 続いて、たこレンジャー(赤)
    精鋭揃いのうみレンジャーを束ねる、無敵のリーダー。(赤いから)
    スミも吐けるけど、そんなことをしたらいかレンジャーの立場が無くなっちゃうので自粛している、優しいヤツ。
    特技は、一度吸い付いたら離さない、吸盤アタック。
    強いぜ、たこレンジャー。地味だぜ、たこレンジャー。

  3. 最後、さばレンジャー(青)
    熱くなりすぎるうみレンジャーのなだめ役。(青いから)
    いつも青いからって、具合が悪いわけじゃないんだぜ!
    ちょっと癖が強くて、好き嫌いが分かれる、個性派さ。
    特技は、もちろん、締めて締めて締めまくる、酢〆バインド。
    強いぜ、さばレンジャー。だけど、〆られるのは君なんだよ、さばレンジャー。

  4. 追加だ、こぶレンジャー(緑。限りなく黒に近いけど)
    とっても無口な、うみレンジャーの酸素供給役。(植物だから)
    こじつけだって?うるさい。だまれ。
    どっしり静かな良識派さ。
    特技は、特技は、・・・え〜・・・今は秘密だ!!
    強いぜ、こぶレンジャー。いくらなんでも苦しすぎるぜ、こぶレンジャー。

  5. ほんとに最後、うにレンジャー(黄。中身だけ)
    とげとげしいにもほどがある、うみレンジャーの皮肉屋。(見た目そのまま)
    ねた切れだって?うるさい。お前もだまれ。
    特技は、とげミサイル。もちろん、鬼太郎氏には許可を得たぜ。
    強いぜ、うにレンジャー。隊の名前とかぶってるぜ、うにレンジャー。


あぁ、貴重な昼休みになにやってるんだろう・・・

※最後の二つは、夜に追加しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ミニ株手数料無料化バンザイ

【ポートフォリオ:102,230円】
・キャッシュ:8030円
・ライブドア:34,080円→45,000円(12株)
・ユニチャーム:48,500円→49,200円(10株)
※マネックスに貢いだ額:7300円
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

というわけで、今回は論評blogについて考えてみた。
日記blogの回はこちらへ。
論評blogの回はこちらへ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

日々創作されては、流れてしまう、blogの悲しい性。
せめて、名言を見つけたら、そっと記録しておこう。
そうすれば、少なくとも僕は、繰り返し読めるから。

記念すべき「その1」は■私設伏魔殿■さんの読むに耐えないものばかり。より

過去の日記は読むに耐えないものばかり。日記は己がいかに愚かだったかの記録のためにつけるのか。

【感想】
思い当たる節が有りすぎるほど有って、この疑問文に「きっと、そうだと思います・・・」とつぶやいてしまった人は僕だけではないと信じたい。
個人的に一番痛かったのは、高校時の失恋。
中学生の時に告白されて付き合い始め、高校生の時に「飽きたから」という理由で別れた子に同級会で再会し、もったいなかったと思いなおして今度はこちらから告白。そして、当然のように振られたあの日・・・
家族に読まれることを警戒してか、イニシャルを多用し、暗号みたいな文章になっており、さらに字が汚いこともあって哀しいくらいに意味不明。
あぁ、あの日に戻って、アホな自分をグーで殴りたい

【評価】
斬新度 :20%
納得度 :90%
役立ち度:70%
そういえば、あの日記、今どこにあるんだろ・・・度:120%

追記
なお、「飽きたから」とは、「おままごとみたいな『お付き合い』という関係に飽きた」という意味だったんだけど、思い返してみると、あの時の言い方では「君に飽きた」としか聞こえなかったと思います。
あぁ、バカバカバカバカ、わしのバカ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr


「頑張れ」は悪者なのか?
超個人的政党 学生改新党−The Student New Reform Party−

「頑張れ」の大きな問題は、
「具体性が無いのに押し付けがましい」
ってことだと思う。

具体的にどうすればいいのかを言わなくていいから、誰にだって言える。
小泉、行政改革頑張れ
頑張れ、サッカーオリンピック代表
勉強頑張れよ
とかね。
その一方で、具体性が無いから、言われた方は一体何をすればいいのかわからないし、反論もできない。
しかも、命令形だから、「頑張れ」というメッセージを真剣に受け取ろうとすればするほど「何かをしなくては」という圧迫感に苛まれることになってしまう。
(頑張れといわれて元気が出る人は、ほっといても元気が出る人だと思う)

思うんだけど、人に「頑張れ」って言う人は、効果的なアドバイスをする気がそもそも無いか、そうでなければそもそもアドバイスできるだけの能力がないんじゃないだろうか。

とりあえず、人に「頑張れ」と言いたくなったら、まず「具体的にどうすればいいのか自分はわかっているのか」を考えてみるというのはどうだろうか。
相手を追い詰めてしまう前に。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

今週は、毎日毎日へとへとですわ。

別に、ライブドア株が急落したからではなく(それもあるけど)
奥さんとけんかしたからではなく(それもあるけど)
軽い風邪をひいたからではなく(それもあるけど)
今担当している契約書の作成が、すんごく疲れるんだよね。とほほ・・・

担当の営業さんが、
・見下す
・押し付ける(4割くらい、間違えてる)
・質問に対する返事が遅い
・間違いかな、と思って指摘すると、無視する(ほんとに間違いかわからん)
と、まぁ、こまったちゃんのオンパレードナわけで。

どこの会社にもいるんだろうけど、もう、ほんとに参った。勘弁して。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

現在、LAW launcherの2.5β4をいろいろいじくっています。

実は、開発機の不調や生活環境の劇的な変化などの理由から、正直LAW launcherの開発はしばらく休もうと思っていたのですが、そんな時に、とある税理士の方からご要望とともに「便利に使っています」とのメールをいただきました。

んで、まぁ、単純なもので、そのメールを読んだ直後に「よっしゃ、もっと便利に使ってもらおう」と、そう思ったわけです。

法務という、自分がナニカを作り出すことが少ない職種にいると忘れがちになってしまう「使ってもらえるしあわせ」を日々実感できるってだけでも、このソフトを造って良かったなぁ、と思った月曜の夜でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ