間違えると結構やばいのに、積極的に教えてもらう機会が少ない期間の計算を一回ちゃんと押さえておきましょう、そうしましょう。


・関連する条文(民法)
第百三十八条 期間の計算方法は、法令若しくは裁判上の命令に特別の定めがある場合又は法律行為に別段の定めがある場合を除き、この章の規定に従う。
第百三十九条 時間によって期間を定めたときは、その期間は、即時から起算する。
第百四十条  日、週、月又は年によって期間を定めたときは、期間の初日は、算入しない。ただし、その期間が午前零時から始まるときは、この限りでない。
第百四十一条  前条の場合には、期間は、その末日の終了をもって満了する。
第百四十二条  期間の末日が日曜日、国民の祝日に関する法律 (昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日その他の休日に当たるときは、その日に取引をしない慣習がある場合に限り、期間は、その翌日に満了する。
第百四十三条  週、月又は年によって期間を定めたときは、その期間は、暦に従って計算する。
 週、月又は年の初めから期間を起算しないときは、その期間は、最後の週、月又は年においてその起算日に応当する日の前日に満了する。ただし、月又は年によって期間を定めた場合において、最後の月に応当する日がないときは、その月の末日に満了する。


・時間単位で定めた期間
  1. 時間、分、秒で定めた期間は普通に計算すればOK(§139)
    以下、日、週、月、年で期間を定めた場合のルール

・期間の起算
  1. 「(あるイベントの発生日)の●日後」と定めた場合は、午前0時にイベントが発生するような超例外的な場合を除いて翌日が起算日になる(§140本文→初日不算入の原則
  2. 「(あるイベントの発生日)から起算して●日後」と定めた場合は、起算日の特約があるため、特約通り当日が起算日になる(§138)
  3. 「(特定の日付)の●日後」と定めた場合は、午前0時からその日は始まるので、当日が起算日になる(§140但書)

・期間の終了
  1. 期間の終了は、期間の末日の深夜24時(§141)
    →期間の末日の翌日の午前0時と同じ時間ではあるが、別の日(12/31に著作権が消滅する著作物は、翌年1/1から発効する改正著作権法による著作権の存続期間延長の対象にはならない)
  2. 月初起算の1年間は、翌年前月の末日に終了する
  3. 月初起算の1ヶ月間は、当月の末日に終了する
  4. 1月30日や8月31日など、翌月には応当日が存在しない日の「翌月」と期間の満了日を定めた場合は、翌月末日に期間が満了する(§143驚⊇顱
  5. 期間の末日が日曜・祝日の場合は、(一般的な会社の場合は休業するので)翌日に期間が終了する(§142)

・遡る期間の考え方
  1. 時間の流れに沿うよう逆算して上記のルールを適用する
    →「●日前までに通知する」を、「通知してから●日後」に読み替える
  2. 結論としては、初日不算入の原則により、「中●日間」になる
    →末日が休日だった場合の処理なども適用されるので、結論だけをただ覚えるのは危険

・実務上の留意点
  1. 契約期間を「締結日から1年間」と定めると、初日不算入の原則により翌年同日が契約期間終了日になって現場の認識と食い違う
    →更新期間も同様
    →「締結日から起算して1年間」または「(特定の日付)から1年間」と定めておくと認識のズレが生じない