「頑張れ」は悪者なのか?
超個人的政党 学生改新党−The Student New Reform Party−

「頑張れ」の大きな問題は、
「具体性が無いのに押し付けがましい」
ってことだと思う。

具体的にどうすればいいのかを言わなくていいから、誰にだって言える。
小泉、行政改革頑張れ
頑張れ、サッカーオリンピック代表
勉強頑張れよ
とかね。
その一方で、具体性が無いから、言われた方は一体何をすればいいのかわからないし、反論もできない。
しかも、命令形だから、「頑張れ」というメッセージを真剣に受け取ろうとすればするほど「何かをしなくては」という圧迫感に苛まれることになってしまう。
(頑張れといわれて元気が出る人は、ほっといても元気が出る人だと思う)

思うんだけど、人に「頑張れ」って言う人は、効果的なアドバイスをする気がそもそも無いか、そうでなければそもそもアドバイスできるだけの能力がないんじゃないだろうか。

とりあえず、人に「頑張れ」と言いたくなったら、まず「具体的にどうすればいいのか自分はわかっているのか」を考えてみるというのはどうだろうか。
相手を追い詰めてしまう前に。