卒寿(90歳)を迎え甲社の会長職を退いたAは、退職金とともに郊外にある乙地を得た。不動産屋Bから乙を売却しないかという話を持ちかけられ、800万円で売買契約を締結した。その後、Aは乙地に隣接してショッピングモールができる予定であったことが判明した。調べてみると、この地は2000万円ほどの価格が相場であった。Bは乙地を高額で売却し多額の利益を得ていた。


以上の事実を前提として、下記の設問に答えなさい。
設問(1)
 Aとして、Bに対しどのような主張が考えられるか。

設問(2)
 Aとしてはこのような事態にならないよう、どのようにすべきであったか。
(ビジネス法務 2004.6 133p)



7/22 一度目
「白紙」
 
 
以上
    書いた後の感想
  • 設問1がさっぱりわからん。
  • 知っていたことを前提に、信義則違反くらいかなぁ。
    でも、それじゃ答案が埋まらないな・・・

    模範解答を読んだ後の感想
  • 論点は^媚很鞠塾廊動機の錯誤D戚曚蛤承臭な篏制度だそうです・・・
    どうやら、ビジ法1級に合格するためには、豊かな想像力も必要になるようです。とほほ・・・