NTTデータの法務

仕事内容
国内・国際法務業務(本社 コンプライアンス推進部勤務)
【具体的には】
■契約、M&A等に関する法的検討、契約締結交渉、契約書作成
その他法務的観点から見た各事業本部に対するビジネス支援
■国内・国際法務業務に関する情報提供、研修等、NTTデータグループにおけるコンプライアンスの充実に関わる各種取り組みの企画・立案及び実施
■国際契約、海外企業とのM&A等に関する法的検討、契約締結交渉、契約書作成
※同僚・上司、事業部門との連携、または弁護士との連携など、
 チームワークをもって業務にあたっていく仕事です。
 法務のプロフェッショナルとしての知識はもちろん大切ですが、
 NTTデータのメンバーとして、『ともに新しいビジネスを創造していく』
 というスタンスで業務に向かっていただける方を求めています。

求める経験・資格
企業法務、または国際法務の実務経験を3年以上有する方

【具体的には】
●企業法務、あるいは国際法務担当の中核として、以下の役割を期待します。
1)一般的な法令等への理解を含め企業法務に関する全般的な知識
2)契約関連業務全般に関する知識
3)一人称で考えて行動し、業務に関する情報収集、事実関係の把握、課題の探求、問題解決に向けた意見提起等を通じ、事業本部との対応や望ましい結論に向けて業務を推進する業務遂行能力
4)コミュニケーション能力、周囲への動機付け能力、リーダーシップを発揮することができる対人スキル
※法務業務に関する知識・経験以上に、新しいことに果敢に取り組んでいただける意欲や想いのある方を求めています。

●国際法務をご希望になる方は、他に下記の経験を求めます。
・国際法務の知識・経験
※今後のキャリアステップとして、国際法務に挑戦したい方も歓迎しております。

■以下の経験、知識をお持ちの方を歓迎いたします。
・マネージャー、もしくは、サブマネージャークラスの立場で、企業の法務部門において法務業務に携わった経験のある方
・企業の法務部門において国際法務業務に携わった経験のある方(国際法務)
・大学(法学部等)もしくは、海外大学院(LLM等)留学経験者(国際法務)

勤務地
本社/豊洲(東京)

勤務時間
9:00〜17:30(実働7.5時間)

雇用形態
正社員

給与
大卒初任給実績(2007年4月) 月給21万6260円
◎35歳モデル例/月給36万8500円以上(一律手当含む)

NTTデータの年収シミュレーション




先日ご紹介したGREEとは打って変わって伝統のNTTグループのSIer、NTTデータの法務。
もしかすると掲載媒体がリクナビだからなのかもしれませんが、やはり内容はがっちり書いてあるな、という印象です。
そして給与のほうも、システム屋さんとは思えない水準に、さすがだな、と感じずにはいられません。
社会保険庁がらみで一時期散々叩かれていましたが、その後いかがお過ごしでしょうか。

さて、雑感ですが、ベンチャーの法務担当と異なり社内におけるプレゼンスもそこそこあると期待できること、教育体制がしっかりしている(はず)、ノウハウが蓄積されている(はず)、国際法務も実力しだいで担当できる可能性がある等、最初に法務担当としてのキャリアをスタートするならこんな会社がいいな、って思いますが、残念ながら未経験者はお呼びでないのがつらいところです。
逆に、ある程度他の会社で経験を積んでしまうと、こういった成熟した法務部門に後から飛び込むのって、結構怖いんですよね。
びっくりするハウスルールがあったら(もしくは、自分がそういうもんだと思っていたことがハウスルールだったら)どうしようとか、自分のやり方が合わなかったらどうしようとか、トンデモ上司/同僚がいたらどうしようとか。こう思ってしまうのは僕だけじゃないと信じたい。
そう考えると、この両者の中間の、3年〜5年目くらいの方にはお勧めなのかもしれません。

あとはやっぱり9時出社だね。
一度空いてる電車で通勤することに慣れてしまうと、もうラッシュには戻れない。
こんな体にしたのは、あなたなの。責任とってよ。ねぇ、聞いてるの?ねぇ。ねぇ・・・・わたし、わたし・・・ビクンビクン・・・(終わりです)