twitter界隈では津田さん以外にもぼちぼち広がりを見せつつある"tsudaる"を題材に、自分の持つ机上の著作権知識を利用してみます。
おかしい点があったらご指摘をお願いします。

なお、"tsudaる"については、Jcastのこちらの記事をご参照ください。

中継の対象は、ほぼ「思想又は感情を創作的に表現した」「学術の範囲に属する」ものであるため、言語の著作物に該当するケースがほとんどだと思います。
そして、中継行為は、言ってみれば要約(翻案)+送信可能化なので、著作権者の許諾を受けている場合や、著作権の制限に該当する場合を除いて、中継行為が翻案権侵害・送信可能化権侵害と評価される可能性は非常に高いはずです。
"tsudaる"にトンピシャで当てはまる著作権制限は無いはずなので、解釈でどこまでカバーできるのか(§38・39をどこまで拡張できるのか)が問題になると思います。多分。
で、前例が無い以上、中継をする場合は、著作権者(主催者ではなく)に必ず中継の事前承諾を得るべきです、と。

あれ?
終わっちゃった。

もうちょっと生きた知識を持っていれば、より具体的な言及もできたんだろうな・・・
FJneoさんの見解とか、ぜひ聞いてみたいところです。

ではでは〜

※このエントリーには補足があります。
http://blog.livedoor.jp/kigyouhoumu/archives/51948918.html