【とりあえずフォームを作ってみる】
前回、データベースの根幹部分が完成しましたが、テーブルはあまりデータの入力や閲覧に適した仕組みではありません。
というわけで、フォームを利用して、データの入力や閲覧の利便性を向上させることにしましょう。

画面左部のメニューから「フォーム」を選択してください。

続いて、画面上部のタスクメニューから「デザイン表示でフォームを作成」を選択してください。

これから、この画面にパーツを配置していきます。



まずは、タイトルを表示しましょう。
画面左側のツールバー(ツールバーが左側に表示されていない方は、メニューの「表示→ツールバー→フォームコントロール」にチェックを入れてください。)から「ラベルフィールド」を探してクリックしてください。(四角で囲まれていない"ABC"のアイコンです。)

Label_Setそして、フォームの左上で適当な大きさにドラッグしてください。
※フォームをただクリックするだけでは配置できないのでご注意ください。



なお、ラベルフィールドは、フォーム上の案内板です。
それ自体が何か機能を持つわけではなく、フォームが、利用する人にとってわかりやすいものになるように配置するものなので、難しいことを考えずにあなたの美的センスに任せて使ってください。


ラベルフィールドの貼り付けはできましたか?
なお、このラベルフィールドや、この後利用するテキストボックスなどは、"コントロール"と呼ばれます。
しっくりこなければ、「部品」と読み替えてください。

Label_Set2次に、ラベルフィールド上の文字を変更します。
ラベルフィールド上で右クリックし、「コントロール」を選択。




その後表示される属性の設定ウィンドウの"タイトル欄"を、「契約書の登録」に変更し、エンターキーを押すと、先ほど貼り付けたラベルフィールドの表示が「契約書の登録」に変わっていると思います。

ラベルフィールドに限らず、コントロールの設定を変更する場合は、以後この要領で行ってください。


【レコードソースの設定】
さて、先ほど、フォームを使うことでテーブルへのデータの入力や閲覧を便利にできると書きましたが、このフォームは、どのテーブルへのデータの入力に使うものかをまだ設定していないので、続いてこの設定(レコードソースの設定といいます)を行います。

先ほど作成したラベルフォームの上で右クリックし、今度は「フォーム」を選択してください。

Form_Property続いて、表示された属性設定ウィンドウの"データ"タブを選択してください。

そして、内容欄に「契約書テーブル」を入力(というか、選択)してください。



これで、このフォームが「契約書テーブル」のデータを入力するものと紐付けることができました。
かんたん!


さて、ここまでの作業が終わったら、いったん名前をつけて保存しましょう。
名前は、「契約書登録フォーム」としておいてください。


つづく