法務のように大量の文書ファイルを処理する必要のある職種の方に特にお勧めの小ねたです。

  • デスクトップにtempフォルダを作る
  • 改めて保存する必要の無いファイルやフォルダは、すべてtempフォルダに作成/保存する
  • tempフォルダの中身がたまってきたら、何も考えずに削除して整理する

    ポイントは、何も考えずに削除できる状態を維持することと、何も考えずに削除することです。
    例えば、メールの添付ファイルは、メーラーに原本が存在するので、一時的に外に出す場合はtempフォルダ行き。
    例えば、圧縮ファイルを解凍するときは、圧縮ファイルが原本になるのでtempフォルダに解凍。
    例えば、ネットからダウンロードしたファイルは、ネット上に原本があるのでtempフォルダに保存。
    といった感じです。

    おまけとして、タスクバーで右クリック→ツールバー→デスクトップを選択することで、タスクバーからデスクトップへのショートカットアクセスを作成できます。
    また、Winキー(田ミ)とMを押すことで、デスクトップを露出させることができます。(Shift+Win+Mで元に戻せます。MacのExposeと同じですね)

    ファイルがとっ散らかって、どれを捨ててよかったのか、どれを保存しなければならなかったのかがわからなくなってしまう方は、ぜひお試しください。