年末のお忙しい時期かとは存じますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
僕は過酷な玄関掃除のせいで手が冷たくてたまりません…

というわけで、いよいよLAW launcher for iPhone ver1.1の最後の新機能紹介になりました。
トリを飾るのはクリップスロット機能です。

これは、現在見ている法令をバックグラウンドに回して、別の法令を開くための機能です。
理論上はすごく役に立ちそうな機能なのですが、実機で試すと会社法レベルの法令をクリップスロットに入れると、メモリ不足が頻発してしまうので、まだまだチューニングが必要なのです…

得体の知れない法令を開きつつ、クリップアイコンをクリックすると、
13

こんなメニューが登場。

スロット1を選択しておけば、別の怪しげな法令を開いているときに、いつでもこいつを呼び出せます。(あ、法令名がばれちゃった)
35


タブブラウザのタブに相当する機能に近いと言えば近いかもしれません。

ではでは〜