GPLによりproprietary(企業所有)コードの公開を強制させられる」というFUD(嘘)を一掃するというエントリー経由で
The GPL is a License, Not a Contract, Which is Why the Sky Isn't Falling
というエントリーの存在を知り、そのタイトルに違和感を覚えたのでちょいと本文も読んでみたら、意外なことが具体的な形をとって見えてきたので驚いた。

注目してほしいのは第3段落目(釣りのライセンスを例にとって)
Why isn't it a contract? Because there are no further agreed-upon promises, no reciprocal obligations. It would be a contract if I said to the owner of a pond: if you give me a license to fish in this pond, I'll give you half of all the fish I catch. In that scenario, each of us has voluntarily entered into a kind of promise. We each give the other something of value, so if I get the license and then I don't give over half of all my catch of the day, the pond owner can sue me for not living up to the terms of the contract.

・・・これって、解説書で読んでもさっぱりピンとこなかったconsideration(約因=契約は対価性が無ければならない)の話じゃないか!
契約書のWHEREAS clauseの後に書くIN CONSIDERATION OF〜って飾りみたいに思ってたけど、ちゃんと生きてる発想なんだね〜。
本旨とは全然関係の無い部分だけど、「へぇ」って思ったのでエントリーにしてみました。


実務的には、GPLが契約でなければ、GPL違反は著作権侵害、つまり差し止めや損害賠償の対象になるだけだけど、GPLが契約であれば、ソースコード開示の規定は「派生ソフトウェアを作成した場合は派生部分のコードを開示しなさい」というライセンシーの義務としてが現れるわけで、当然(差止や損賠に加えて)ソースコード開示請求訴訟が立ち得るって違いとなって現れるわけですね。

なお、引用の引用になっちゃいますが、上記エントリーでは以下のような記載もありますので、念のためお伝えしておきます。
As a practical matter, copyright holders often raise both types of claims in litigation: breach of contract and copyright infringement. In many of those cases, however, the copyright holder has adopted a software license that is undoubtedly meant to be a contract."


ではでは〜。