もう10年以上昔のことになってしまいましたが、僕が最初に勤務した会社は、それはもう素晴らしくホワイトな会社で、自分の自由になる時間をふんだんに確保できました。
加えて、毎日が新しい経験の連続の日々だったので、「企業法務についてあれこれ」というウェブサイト(当時はホームページってみんな呼んでましたね)を立ち上げて、仕事で得られた知見をそこにまとめて公開していました。
で、そのウェブサイトの1コーナーに「雑記」というWeb日記みたいなページがあったんです。
ただ、正直htmlタグをポチポチ打ち込んでFTPでアップロードするのってすごくめんどくさくて、更新は滞りがちでした。
そんな時に出会ったのがブログでした。
これがもう、画期的で。

いつしか更新はもっぱらブログに移行した雑記だけになり、そしてプロバイダの移行とともに雑記以外のコンテンツは消滅し、残ったのは「企業法務についてのあれこれの雑記」だけとなりました。

で、いつだったかは忘れましたが、ブログのデザインを変更した際、タイトルがあまりに長いというだけの理由で「企業法務について」に名称を短縮した、というのがここの名前の生い立ちです。

@takujihashizumeさん、ご理解いただけましたでしょうか。