内田・鮫島法律事務所の伊藤 雅浩先生より、ご著書システム開発紛争ハンドブック―発注から運用までの実務対応をご恵贈頂きました。





システム開発をめぐるトラブルを専門とされる弁護士といえばと問われたとき、松島先生と伊藤先生のお二方のお名前が浮かぶ方は少なく無いと思いますが、本書はその松島先生と伊藤先生の共著によるシステム開発紛争をテーマに取り上げた書籍というわけで、その情報だけで購入を決めた方も少なくないのではないでしょうか。
かくいう僕もその一人でした(ご恵贈頂いたので、実際には購入には至りませんでした。なんかすみません・・・)。

さて、本書は、タイトルに「システム開発紛争」を掲げており、実際に裁判例を軸に様々な論点に対して説明が進められていきますが、現に紛争案件を取り扱っているか否かにかかわらず、システム開発関連の契約法務に携わっている方は一読しておくべき一冊だと思います。
というのも、システム開発に関して発生する様々なアクションについて相談を受けた際に、それを裁判所がどのように評価するのかを知らなければ、自分の感覚や、自分なりに考えた理屈を頼りに回答することになってしまいますが、もしそれが裁判所の判断と異なるっていた場合、無意味な、また場合によっては有害なアドバイスをしてしまうことになりかねないからです。

また、裁判例が豊富に掲載されているということは、つまりトラブル事例集としても機能するということでもあります。
システム開発紛争に関する社内研修を行うと、必ずテーマとしてリクエストを受けるのはこの「トラブル事例」の共有なので、日本屈指のシステム開発関連訴訟の専門家が選定したトラブル事例集を手にすることができるという意味では、法務だけでなく、プロマネや情シス部門の責任者の方にも有用なのではないかと思います。

僕も、ひとりよがりなオレオレ理論で会社に損害を与えてしまうことの無いよう、もう一度ドッグイヤーしたページを読み返して、しっかりと自分の血肉にしたいと思いました。