前回ダブルチェックを通じたスキル継承に対する優位性をお伝えした法務版ペアプロですが、本来のペアプロと同様、ただ単に一人が契約書を作る様子をもう一人が眺めているだけでは高い効果を得ることはできません。
というわけで今回は、法務版ペアプロの進め方とコツをお伝えしたいと思います。

    事前準備
  1. 契約書の作成・修正の方法(スタンスや考え方に留まらない、具体的な手順)を教える
    自分が実際にやっている手順でOK
    教える人は事前に棚卸しをしておく必要がある(体に染み付いたことでも、わかりやすく言語化できるとは限りません)
    確固たる手順を持っていない人は、人に教える前に自分が手順を確立する方が先・・・かも・・・
  2. 法務版ペアプロの趣旨を教える人と学ぶ人との間で確認する
    ・スキル継承の手段であること
    ・質問でカットインすることにためらってはならないこと
    ・自分なりのやり方と違っても、言われた方法でやってみること(スキル継承のため)
    は必ず確認すること。

    【進め方・コツ】
  1. 学ぶ人が、自分なりに契約書の作成・修正を行う
    このステップを飛ばすと、学ぶ人の質問が薄くなってしまう
  2. 教える人がドライバー(書く人)、学ぶ人がナビゲーター(見る人)になって、契約書の作成・修正を行う。
    この際、学ぶ人は、1で作成・チェックした契約書を印刷して手元に持っておく。
    学ぶ人は、教える人の修正の意図が分からなかったら、都度質問をする。
    教える人は、考えていることや浮かんだ疑問などをできるだけ口に出す。(別の場所に書いてあるのかな・・・とか、これおかしくないか?とか)
    作成・チェックの完了後、1と2の成果物のギャップを確認し、ギャップが生じた理由を確認する
    最初に学ぶ人が作成・チェックした契約書は無駄になるが、スキル継承のために必要なコストとして割り切る。
  3. 上記2を何度か行い、学ぶ人が契約書の作成・修正の手順を概ね理解できたタイミング(概ね3〜4案件が目安)で、ドライバーとナビゲーターを交代する
    教える人は、言葉遣いに注意!
    過去の否定は、それ自体が人を傷つけてしまうことを忘れずに。
    教える人は別の作業をせず、ナビゲーターに集中すること。
    指摘は理由を必ず添えること。


なお、法務版ペアプロに限らず、スキル継承は、教える人が学ぶ人に継承すべきスキルを持っていることが当然の前提になります。
特に2で教える人が負担する工数が気になってしまうかもしれませんが、そもそもスキル継承には工数がかかるもので、この程度は必要なコストだと思っています(逆に言えば、この程度のコストもかけずにスキル継承をしようとするから、無駄にスキル習得に時間がかかってしまう)。

もし、もっといいやり方があるよ、といったアドバイスがあればぜひ教えてくださいませ〜

ではでは