以前、無資格法務のキャリアパスについてというエントリーを書いたのですが、そちらをご覧頂いたクラウドサインの事業責任者の橘さんからこのようなコメントを頂き、なるほど、と思いながらも実感がなかったため、何のリアクションもできずにいました。
再転職後のリハビリも概ね終わって目の前の仕事以外のことを考える気持ちの余裕が生まれてきたこともあり、改めて橘さんに詳しいお話をお伺いしたい旨をお願いしたところ、ご快諾いただけました。ご多用の所、個人的な質問にも関わらず快くご対応いただき、本当にありがとうございます。
橘さんからお伺いしたお話は非常に示唆に富むものであり、私の中だけに留め置くにはあまりにもったいないと感じたため、橘さんのご了解のもと、会話の一部と、そこから私が考えたことをシェアしたいと思います。


【片岡】法務がバックオフィスからビジネスサイドに移ろうと思ったときのキャリアにどのようなものがあるのでしょうか。
【橘】例えば「法務業務の効率化に関するコンサルティング」という役割は、弁護士ドットコム内で既にチームを既に組成しています。具体的には、クラウドサインや、当社の投資先のプロダクトであるhubbleやLAWGUEなどを使って業務の最適化を支援するサービスです。
【片岡】法務業務の効率化のオーダーは、法務から出るのでしょうか?それとも、法務を所管する役員から出るのでしょうか?私の感覚では、法務が自ら業務の効率化にコストをかけるイメージがないのですが。
【橘】法務部門の責任者からのオーダーが多いですね。最近どんどん出てきている各種リーガルテックサービスを活用すれば、これまで抱えていた問題を解決できるのではないか、という思いを背景に、具体的なノウハウを知りたいというニーズがあるのを感じます。
【片岡】スキルとしてはどういったものが必要になるのでしょうか?
【橘】各社が抱えている個別具体的な課題を抽象化したうえで解決法を模索するスキルは必要になると思います。そのスキルを持っていれば、経験を積めば積むほど抽象化した課題とその解決策をストックすることができ、大きな武器になりえます。
リーガルテックという言葉は独り歩きしがちですが、AIが人を代替する、といった一足飛びの目標を掲げるプロダクトにではなく、日々の業務を支援する地に足のついたプロダクトに目を向けると、それを使うか否かで業務の品質と効率に格段の差が出るサービスは既に数多く登場してきています。しかし、急速に多種多様なサービスが登場していることから何をどう使えば良いのかの判断がつかず、結局すべてを見送っているという方も少なくないのではないでしょうか。この点について、各社の悩みに応じた最適解をズバッと示してくれるのであれば、たしかに魅力があるな、と感じます。(僕自身も知りたい。)
そして、難しい仕事だとは思いますが、この仕事を数年経験したら、ものすごい質と量の知見を蓄えられているのだろうと思います。ぜひ、そのエッセンスを書籍化してほしい!


【片岡】そのようなサービスに法務出身者が携わる意義はあるのでしょうか?むしろ、「法務の常識」に囚われてゼロベースのベストな施策を検討できず、ベターな(ありきたりな)施策を提案してしまう恐れはないでしょうか。
【橘】出身がどこかではなく、能力の問題でしょう。法務の常識を知りながら、それに囚われない人は確実にいます。例えば、【具体的な人名複数名】さんなどは、やろうと思えばすぐにでもやれると思います。
【片岡】そういったエクストリームな方であれば、確かにできるだろうと思えます。ただ・・・間違いなく採用できないですよね(笑)
【橘】えぇ、できないでしょうね。その意味で、ただ能力的にやれるというだけでなく、受け入れる会社の求人条件と合致する必要があります。そして、求人条件は、取るリスクによって変わるものでもあります。
【片岡】といいますと?
【橘】具体的に言えば、最初の一人としてリスクをとって入ってくる人に出せる報酬と、その他大勢とでは違うということです。また、逆に数年前であれば当社でもそのようなポジションは募集していませんでした。自分がチャレンジできると思ったタイミングで、受け入れる会社側も同じようにチャレンジしたいと思っているとは限りません。ある意味でタイミングは、他の要素よりずっと重要なのです。
無資格の法務パーソンにとって、これからのキャリア事情は今より厳しくなることはあっても、楽になることはないはずです。そんな中でのキャリアパスの一つとしてビジネスサイドへの転身という選択肢は魅力的な輝きを放つ一方で、これまで積み上げてきた経験をゼロリセットせざるを得ない苦しさも双子の片割れとして常に孕みます。そのような中で法務のキャリアを活かすことができる転身があるぞと言われると身を乗り出したくなる人も多いのではないでしょうか。とはいえ、身を乗り出したほとんどの方も、しばらくするともっともらしい理由を口にして首をすぼめてしまうのもまた事実です。
ある分野で第一人者になるもっとも手っ取り早い方法は、誰よりも早く初めて、誰よりも長く続けることなのですが、実のところ何かを誰よりも早く始めることができるチャンスはそう多くありません。もしかすると、リーガルテックの勃興期に居合わせた我々は、「誰よりも早く始める」チャンスを持っているのかもしれません。


【片岡】これからの法務と、これまでの法務の違いはどのような点に現れると思われますか?
【橘】一つあるのが、ツールを使いこなせることが明確な付加価値になる時代はすぐにやってくると思います。例えば、セールスの担当がセールスフォースの正しい使い方を理解していることは現在間違いなく付加価値になっていますし、マーケも同様です。法務も同じように各種ツールを使いこなせることが付加価値になる、または必要条件になるという時代は近く訪れると思います。
一時期、AIに仕事を奪われる職種、みたいな言説が世を賑わしたこともありましたが、考えてみると、ツールを使いこなす(ことで生産性をブーストした)人が、そうできない人の仕事を奪う世界に変わるのは、AIが人の仕事を奪う未来よりもずっと早いようのだろうと思います。
また、勘違いしてはいけないと思ったのは、現時点で有効な特定のツールを使えるかどうかという点は大きなポイントではなく、新しいやり方に合わせられる柔軟性・リテラシーと、より良いやり方をいち早くキャッチするアンテナの感度の方が重要であるということです。むしろ、特定のツールに固執してしまい、よりよい別のやり方に移行できなければ、それは「使いこなしている」とは言えないわけですから。

ーーー
上記以外にも様々なお話をお伺いし、大いに刺激を頂いた濃密な1時間でした。
やっぱり、最前線で道を切り拓いている方のお話は、最高におもしろいということを再確認しました。