どうもこんにちは。
今日は、PCをハードディスクレコーダーにする手順をのっけてみました。

【用意する物】
1.PC(AGPスロットが付いているもの)
  →僕はemachinesのJ3216を使いました。
   まぁ、J3218も同じだと思います。
   前面に音声出力端子が付いてると尚良い。
   価格:数万円〜数十万円
2.TVチューナーボード
  →僕は、MTVX2004を使いました。
   が、お勧めはPC-MV5DX/PCIです。
   なんにしても、購入の際は相性保障をつけることを
   強くお勧めします。
   価格:数千円〜2万円
3.S端子TV出力の付いたグラフィックボード
  →僕は、玄人志向のRD96-A128C-FLを使いました。
   MTVX2004+Radeonを選択する方は、WinDVDがバンドル
   された製品を選んだほうが良いと思います。
   ファンレス製品であれば尚良い。
   価格:6000円〜数万円
4.S端子ケーブル
  →僕はビッグカメラブランドの線を使いました。
   でも、まぁ、なんでもいいです。
5.ステレオミニプラグ-RCAプラグ
  →僕は、響シリーズの線を使いました。
   でも、まぁ、なんでもいいです。これも。
6.S端子入力の付いたテレビ


【やること】
1.グラフィックボードとチューナーカードを取り付ける。
2.線をつなぐ。
  PC前面にステレオミニジャックがついていると、
  線の取り付け取り外しが簡単です。
3.TVをセカンダリモニタに設定する。
  Radeonを選択した場合、このページが参考になります。
  Radeonを選択した場合、シアターモードが便利です。
  注)MTVX2004付属のFeatherはシアターモードに非対応です。
    そのため、代替視聴ソフトが必要になりますが、
    PowerDVDもシアターモードに非対応なので、
    MTVX2004を選択される方はWinDVDがあると便利です。
    無い場合は、WMPで再生する事になります。

【HDDレコーダーに比較した場合の利点】
・マウスを使えるのでGUIの使い勝手が良い
・ハードディスクの追加が簡単
・(製品によるけど)メールでの予約が可能
 →MTVX2004にはメール予約ソフトが付属している。
・安い。
・工夫と追加投資次第で多彩な編集が可能になる。
 →MTVX2004にはDVDオーサリングソフトが付属しない
  ので、DVD化したい方は要注意!
・画質選択の幅が広い。
・高画質化機能が普通に付いている。

【HDDレコーダーと比較した場合の欠点】
・相性問題に悩まされる恐れがある。
 →特に、TVチューナーカード。
・テレビとPCが近い場所にないと面倒。
・(普通は)リモコンが付属しない
 →ワイヤレスマウスを使っても早送りが面倒。
 (WinDVDリモコンセットはどうなんだろう)
・ノイズが乗りやすい。

では、楽しいテレビライフをお送りください。