信じられない人には信じていただかなくて結構です。
でも、本当にあったことなんです。

今日、吹き付ける雨の中を駅に向かって歩いていたら、
「ぽつ・・・ぽつ・・・」
と、水滴が首筋に垂れてくるんです。

当然、僕は傘をさしていましたよ。大雨でしたから。

でも、
「ぽつ・・・ぽつ・・・」
と、水滴が僕の首筋を伝っていくんです。

そりゃ、僕だって最初は「そんなはずはない」って信じてましたよ。
だって、傘だもん。

でも、でもね、よく目を凝らしてみて、やっぱりそれは事実だったってわかったんです。

そう・・・


傘が雨漏りしてるんですよ!奥さん!
防人でも大森でもなく、雨漏り。あ・ま・も・り。



なぁ、傘よ。
このご時世、傘にとってもいろいろ辛い事があるんだろう。
でも、君が雨漏りしちゃいかんだろ?
そうはいかんざきだろ?


ほんと、頼むよ。
とほほ・・・