昨日のエントリーに、「法律系ネタブログ:勝負のとき」さんからTBをいただいたので、もう一回アフィリエイトについて考えてみました。

「法律系ネタブログ:勝負のとき」さんは、アフィリエイトの法律問題2で、
1、精力分散防止義務違反による解雇・損害賠償の可能性
2、競業取引防止義務違反による解雇・損害賠償の可能性

と取り上げられていますが、結論から言えば、これはどちらも考えにくい話ではないでしょうか。

1.解雇について
僕自身、六法と行政法、あとは経済分野の特別法くらいしかまともに触れたことが無いので、労働関係についてはかなり知識が乏しいのですが、それでも「就業時間外にアフィリエイトをしていた」ことを理由に解雇することはいくらなんでも難しいと思います。

この場合の解雇は「懲戒解雇」にあたるのでしょうが、これは、

1.事業場内外における盗取、横領、傷害等の刑法犯に該当する行為
2.職場内外における賭博、風紀紊乱等の行為
3.経歴詐称
4.無断で他の事業への転職(二重就職)
5.正当な理由のない2週間以上の無断欠勤
6.度重なる出勤不良

のような場合に行われる性質であるものとして行政解釈が昔々に出されていますので、まともな会社であれば懲戒規則にあんまりむちゃな条項は入れていないはずです。
つまり、「就業時間外にアフィリエイトをしていた」ことは、ほとんどの会社ではそもそも懲戒解雇の原因に該当しないと思うんですよね。
(仮に該当することがあったとしても、それに基づく解雇は相当性を欠いて無効になる可能性が極めて高いと思います。)


2.損害賠償について
これは、実体法上損害賠償義務が成立してるか否かというよりも、「会社は就業時間外のアフィリエイト行為から損害を被ったことを立証できないだろ」ってことに尽きます。
損害賠償請求は、「損害」の賠償請求なのだから、「損害が発生したよ」って立証できなきゃ賠償請求しても争いになったときに勝てないわけですよ。(勝てるとしても、まずペイしないでしょうからそもそも立証活動なんてしないだろうし)
あとは、手続面での話をするのであれば、「そもそも会社にばれないだろ」ってことも言えそうですね(^^;


あと、おまけ。
アフィリエイトは仲立契約じゃないと思います。
アフィリエイトの参加者は、他人間の商行為を媒介してるんじゃなくて単に広告を表示して顧客を誘導してるだけでしょ。
これが仲立契約なら、街角の看板もちのおっさんも仲立人ってことになっちゃうんじゃないだろうか。

もひとつおまけ。
アフィリエイトに限らず、サラリーマンが書き物をする上で一番危ないのは、勤め先の内部情報をネタにしちゃうことだと思います。これはやめといたほうがいいと思いますよ。まじで。
___________

重ね重ね同じことを書くのもなんですけど、これは、所詮会社員が昼休みにろくな推敲もせずに書いた文章で、なんの信憑性もありません。
僕は、法律系ネタブログ:勝負のときさんが間違ってるんじゃないかと指摘してますけど、僕のほうが間違ってる可能性だって大いにあります。

また、(法律に関する)資格試験の勉強素材や一般論については無料ですばらしい情報を得られると思うけど、こと、個別具体的な法律問題に関して言えば、無料で得られる情報にはたいした価値は無いってことにも充分ご注意ください。
ネット上の一般論を演繹して具体的な法律問題を解決しようとすることは、一般人が家庭の医学を読んで病気の診察をすることと同じで、とても危険なことだと思います。
そんなことしてるといつか大怪我しますよ。

ではでは〜