今、ウェブページを作るためのツールは本当にいろいろあって、お金を出さなくても結構簡単に(出せばより簡単に)自分のウェブページを世に送り出すことができるようになっているけど、いざ作ろうと思うと、
自分が発信したい(できる)情報なんて、大して無い
ってことに気づく人が多いんじゃないだろうか。
(もちろん、僕もそうだった)

ウェブページは、あくまで情報発信の一手段に過ぎないんだから、発信すべき情報が無いのにウェブページを作ろうとするのは本末転倒なんだろうけど、自分が発信したい(できる)情報なんて、大して無いっていう、とても重大で、それでいてなかなか気づかないことを発見できるだけでも結構価値があるんじゃないかなぁ。

本当に作るかはおいといて、そこのお父さん
あなたは、ウェブページを作る際に、人を集められるコンテンツを設けられますか?

これって、肩書や年齢やほにゃほにゃ等の形式面を除いた素っ裸の自分自身は、なんらかの価値を持っているのか、ということと、同じ意味を持ってるんじゃないかと思ったお昼どきでした。